The Higashiosaka Chamber of Commerce and Industry



≪ 保険・共済・健康診断 ≫

□■□ 保険・共済 □■□
 小規模企業共済
小規模企業の個人事業主が事業を廃止した場合や会社等の役員が役員を退職した場合など、第一線を退いたときに、それまで積み立ててこられた掛金に応じた共済金をお受け取りになれる共済制度です。

詳細はこちら(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)
貴方の会社が健全経営でも「取引先の倒産」という事態はいつ起こるかわかりません。
経営セーフティ共済(正式名称:中小企業倒産防止共済制度)は、そのような不測の事態に直面された中小企業の皆様に迅速に資金をお貸しする共済制度です。


詳細はこちら(独立行政法人中小企業基盤整備機構)
 大阪府火災共済
大切な財産に、不慮の損害があった場合に備えていただくための制度です。

詳細はこちら(大阪府火災共済協同組合)
 生命共済制度
会員事業所の役員および従業員の死亡や高度障害状態の保障および不慮の事故による入院・障害等を保障します。

詳しくは、経理部まで(電話06-6722-1151)
 特定退職金共済制度
従業員の退職金準備にご活用いただけます。

詳しくは、経理部まで(電話06-6722-1151)
 中小企業PL保険制度
製造または販売した製品や、工事・作業・サービス業務といった仕事の不備・欠陥が原因となって発生した事故により、他人の生命や身体、財物に損害を与え、貴社が法律上の損害賠償請求を問われた場合に保険金をお支払いする保険です。

詳細はこちら(日本商工会議所)
 休業補償プラン
会員企業だけがご加入いただける「病気やケガで働けなくなった」際に最高1年間の所得が補償される保険です。

詳細はこちら(日本商工会議所)
 情報漏えい賠償責任保険制度
事業者は常に情報漏洩のリスクにさらされています。本制度は、個人情報のみならず、企業秘密となっている生産方法等に関する情報も補償の対象となります。加入対象は商工会議所会員に限ります。

詳細はこちら(日本商工会議所)

 労働保険事務組合
労働保険とは、雇用保険と労災保険を総称したもので、国が直接運営している保険制度です。労働者一人でも雇用する事業主は、労働保険に加入しなければなりません。
労働保険事務組合とは、厚生労働大臣の許可を受け、事業主の皆さんに代わって労働保険に関する事務処理を行う団体で、東大阪商工会議所内に設置しております。

詳細はこちら

□■□ 健康診断 □■□
 従業員健康診断
本所では、職場における従業員の健康管理のため労働安全衛生法で定められている「従業員健康診断」を実施致しております。受診料につきましては、会員サービスの一環として低料金で実施しておりますので、是非この機会にお申込み下さい。


健康診断の詳細はこちら   申込書ははこち 
 成人病検診
本所では、会員事業所の健康管理の一環として成人病精密検査を実施致しております。この検査は、心臓・肝臓・腎臓・膵臓・脾臓等の臓器の健康状態が把握できると共に、胃ガン・肺ガン・大腸ガン検査等により病気の早期発見と予防にも役立っております。受診料につきましては、会員サービスの一環として低料金で実施致しておりますので、是非この機会にお申し込み下さい。

成人病検診の詳細はこちら


Copyright(C) 2005 The Higashiosaka Chamber of Commerce and Industry. All Rights Reserved.